症例:パニック障害

動悸が激しくなり、時折胸がチクチクするような症状に襲われる

■ A様: 男性 30歳代  職業:営業   症例報告集に戻る 

問診検査

<問診>

半年以上前から仕事中に飲食店や満員電車等で動悸が激しくなり、時折胸がチクチクするような症状に襲われる。病院へ行き、心療内科でパニック障害の症状と診断を受ける。睡眠をとっても疲労感が残り、気分も落ち込むことがある。

<検査>

動作テストでは身体の何処かに痛みや動きに異常があるわけではない。ただ、動かしづらいようには見て取れた。触診にて身体全体に触れると、首、肩、背中、腰、下肢に至るまで筋肉がとても硬くなっており、全身の緊張度は高いことが判った。


カルテより

1回目

身体をしっかりと緩める為にトリガーポイントセラピーを全身に行う。施術中は押されることでかなり効いており、施術前、後では身体が軽くなった感じがするという事。

2回目

<4日後>前回同様にトリガーポイントセラピーを全身に行う。前回の施術後に筋肉痛のような痛みがあった。あの後は良く眠れた。仕事は相変わらず忙しいが、身体が軽くなることで気分が良いと言う事。

3回目

<6日後>前回同様にトリガーポイントセラピーを全身に行う。また、筋肉の緊張感が少し取れてきたため、胸部の関節に動きを与えた。前回同様に施術後には筋肉痛が多少まだ出てくる。ただし、初回よりは少なくなっている様子。パニック障害の症状は改善されてはいない。しかし、身体が楽になったことは実感して頂いている。

4回目

<12日目>Aさんから『施術の後数日してから、満員電車に普通に乗ることが出来た!』という嬉しいご報告を頂きました。身体全体の調子が良くなる事で病気の症状も軽くなったと考えられる。やはり、身体の状態とココロは繋がっていることが改めて良くわかった。


コメント

以降は週に1回のペースで通われています。その後は、飲食店での症状も改善されたとお聞きしました。そして、今はパニック障害の症状は殆ど出てきていないということです。身体全体の調子が良くなると気分や気持ちに余裕が出来ることで、免疫力や病気に勝つ為のちからをご自身で勝ち取っていらっしゃると思われます。
(担当:望月)



「皆様の声」はこちらからご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です