症例:首の痛み・肩こり

1ヵ月前から首の凝りが激しく睡眠に支障が出ている。肩こりも酷く、日中、無意識のうちに肩を触っている事が多々ある。

■ T・K様: 男性 31歳  職業:広告業   症例報告集に戻る 

問診検査

≪問診≫

・1ヵ月ほど前から終日首に違和感があり、就寝時は首と肩のハリ、痛みで朝方まで眠れない事がしばしばある。

・仕事柄、パソコンを使用する時間が非常に多く、作業中はずっと首・肩のハリや痛み等の不快感を感じている。

≪検診≫

・どの状態が痛みや張り等の違和感があるか動作テストを実施した。

1.首を左に側屈(傾ける)と肩から首筋にかけて突っ張り感と鈍い痛みがある。

2.首を左に回旋(回す)と右肩から右の首筋にかけて筋肉が引っ張られる感覚があり、首が正常に回らない状態。この動作の際、左肩にも違和感がある。


カルテより

【初回 10/26】

≪施術≫首痛、肩こりを緩和させる施術を実施。首通、肩こり防止・緩和対策として0-100体操を指導。

≪術後≫再び動作テストを実施すると痛みが発生した左側屈・左回旋での痛みが軽減された。

 

【2回目 10/29】初回時より首・肩の痛みは大幅に軽減しているが、まだ左側屈をすると首と肩の張りを感じる。

≪施術≫初回同様首・肩中心に上半身に施術。痛みの発生源を取り除く「トリガーポイント療法」を実施。

術後の動作テストで首の左側屈での違和感が解消された。

 

【3回目 11/2】首・肩の違和感が殆ど無くなった。

≪施術≫自覚症状の無い痛みの発生源となり得る筋肉の線維化が首部に見受けられた為、線維化を取り除く施術を実施。

≪術後≫動作テストを実施。痛みが発生する動作が見受けられないと判断し、今回で首、肩部の治療を完了した。


コメント

T・Kさんは長年、長時間のデスクワークでの姿勢の悪さが主たる原因で、症状を更に悪化させてしまっていました。患部を改善したい・仕事のクオリティを高めたいと思う気持ちと集中的にケアし、エクササイズにも取り組んだ効果が現れました。現在T・Kさんは定期的なメンテナンスの重要性を認識されており、当院でのメンテナンスの他、セルフメンテナンスでトレーニングジムにも通い始めたそうです。
                           小嶋



「皆様の声」はこちらからご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です