症例:めまい・頭痛・吐き気

昨日の朝から頭痛・吐き気・めまいがあり、数時間後嘔吐する。すぐさま病院に行きMRI検査。脳には異常がなく原因を特定できず。あまり食欲がなく、明後日は息子家族と会食があるため、症状を緩和させてなんとか間に合わせたい。

■ K・T様: 女性 70歳  職業:専業主婦   症例報告集に戻る 

問診検査

<問診>頭痛・めまいなどは時々あるものの、ここまでひどくなることはなかった。今日は少しましだが、食欲は依然としてない。首回りの張りを強く感じ、こめかみ、頭頂部に痛みがある。その他の症状は腰痛が慢性的にあり、鍼に通う。右ひざに痛みがあり歩行時はまだいいが、階段の昇降、正座が痛くてできない。右股関節には人工股関節が入っている。

 

<検査>~首回り検査~頭を上に向けると頭痛が出る。下に向けた時は首の痛みがある。左右首を倒すと首から肩にかけて張りがあるが、頭痛までには至らない様子。触診時、肩、首に強い筋肉の硬直があり、姿勢は猫背気味である。

~膝検査~膝の屈伸時、右ひざの痛みがあり正座も困難。左右の脚が極端に太さが違い、右脚が太く左脚が細くなっている。


カルテより

<初日>主訴である頭痛・めまい取りの調整。肩、背筋などに筋肉の固さ張りが目立ち、緩和操作を行う。この時点で首の張りと頭痛が軽減している様子。姿勢をよくする体操をアドバイス。胃腸の動きを活性させるため、胃腸調整もおこなう。

 

<2日目>朝、少し首の張りがあったものの動いたら無くなる。こめかみ、頭頂部にかけての頭痛は少しあるが、食欲が出てきたので、昨日の夕食と朝食は食べられるようになったと表情も明るい。初日と同じく頭痛・めまい調整、首を中心とした筋肉の緩和調整。初日検査時の上を向くと頭痛が出る症状は改善。

いよいよ明日は会食‼

 

<3日目>起床時に首の張りはあるものの頭痛、めまいは改善されたと報告を受ける。楽しみにしていた息子家族との会食も無事に済み、食欲も普段通りに戻り笑顔も戻っている。本日は頭痛・めまい調整に加え、膝の調整に入る。頭痛、めまいの治療は本日で終了。以後メンテナスで通いたいと希望があり、2週間に1回のペースで通院される。

 

 


コメント

脳神経外科などでMRIなどを取り、脳に異常が診られない場合、頭痛の7~8割方が筋収縮性頭痛といって筋肉の凝りからくるケースが非常に多いです。脳に異常がなく一安心はするものの頭痛は残っている・・・ 
当院に来院される方のほとんどが上記に当てはまります。嘔吐したり、頭痛がひどくて寝れないといった重度の頭痛になると、会社や私生活に支障をきたします。

<痛み⇒寝れない⇒睡眠不足⇒疲労蓄積⇒悪化>という負のスパイラルになる前にリセットしなければなりません。筋肉の疲労や凝りからくる頭痛は予防できますので、日頃のケアはより大切になります。
今回、Kさんの様に大切な予定や試合、大会などの前に症状が出てしまうことで、予定をキャンセルしなければならなくなる前に少し変だな、っと感じたら早めに治療をしていきましょう。                   
                          担当   東



「皆様の声」はこちらからご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です