症例:X脚

中学3年生から両カカトがくっつかず、小指が地面に着きづらい

■ K・N様: 女性 34歳  職業:OL   症例報告集に戻る 

問診検査

<問診>

X脚のせいか立っているとふくらはぎや太ももなど脚全体が疲れやすく、膝も時々痛む。直立すると両かかとがくっつかないのに加え、小指が地面から浮いてしまう

<検査>

股関節から大腿骨の外旋、膝関節の過伸展が強く、足首が外反(親指側が地面に着き、小指側が地面から浮いてしまう状態)によりX脚を伴い、浮指になっている。ふくらはぎと太ももの筋肉が異常に硬くなっており、筋肉本来の柔軟性が失われており、慢性的に極度の筋肉疲労を起こしている。


カルテより

<初回>

股関節の外旋及び足首の外反を含めた、脚全体の捻じれ調整を行う。殿筋、大腿四頭筋、ふくらはぎなど筋膜リリース及びトリガーポイント調整、真体療法によるX脚施術を行う。

自宅でのX脚エクササイズ指導。

<2回目から5回>

徐々に両かかとがくっつくようになる。立ちっぱなしの仕事が続いたり、長時間歩いたりしたので脚全体の筋肉疲労が出て、疲れと重さがある。

<6回目>

五回目の施術から一週間後、直立時にかかとがくっついている状態を保持している。小指が地面に着くようになり、立っているのがかなり楽になったとのこと。


コメント

Kさんはもともと他の症状で来院されたのですが、長年悩んでいたX脚について相談を受け、矯正をすることになりました。主訴がよくなり、他の部分を良くしていきたいという希望は多くの方がお持ちかもしれません。膝痛、腰痛、肩こりなどは意外とO脚、X脚など足周りのずれからくることがよくあるので、早めにケアをした方がいいかかもしれませんね。



「皆様の声」はこちらからご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です