症例:重度の腰痛

・靴下を履く時、車から降りる時に激しい痛みが起こり、日常生活もままならない

■ K.O様: 男性 55歳  職業:会社員   症例報告集に戻る 

問診検査

≪問診≫

10日前から右腰に激しい痛みがあり前かがみになると激痛が走り、仕事も私生活もままならない。なんとか歩けるが痛くて5分の歩行も苦痛である。

整体で治療を受けたものの、その時は少し楽になったが、数時間経つと再発する。かなり強圧で治療された様子。

 

≪検査≫

動作テストを実施。どの様な姿勢で痛みが発生するか検査しました。

・前屈みで腰に激しい痛み。

・上半身を右に傾けると腰に痛みが発生

・上半身を右に回す(回旋する)と腰に痛みが発生


カルテより

【触診】

・胸部~右腰部の筋肉が硬化していて筋肉の柔軟性が失われている事により、衝撃吸収・分散作用が少ない

・トリガーポイント(痛みの発生源)を確認

【施術】

・施術を腰、下半身中心に実施し、痛みの発生源を減少させ、腰痛を改善する

【術後】

・初回である今回の施術でK.O様の腰痛はほぼ無くなり、「まるで魔法にかけられたみたい」と仰られていたのが印象的です


コメント

K.O様の腰痛は初回の段階で痛みがかなり軽減され、帰りには腰に違和感がある程度で歩くのも問題なさそうでした。二回目の段階でほぼ正常な状態になった為施術は終了いたしました。



「皆様の声」はこちらからご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です