症例:激しい腰の痛み

立ち上がり時に激しい腰の痛みが生じる。以前から度々腰痛はあったが、今回のような激しい痛みは初めて。今回の腰痛発生のきっかけはゴルフで腰を捻った時に痛みを感じた事に因るものではないかと思っている。

■ T.M様: 男性 47歳  職業:公認会計士   症例報告集に戻る 

問診検査

【問診】

昨日から右腰に激しい痛みがあり、仕事も私生活もままならない。痛みは特に立ち上がり時と椅子に座って少しの時間が経つだけで激痛が生じる。

腰痛は慢性的で度々発症している。

 

≪検査≫

動作テストを実施。どの様な姿勢で痛みが発生するか検査しました。

・前屈みで右腰に激しい痛み。

・上半身を左右に傾けると腰全体に痛みが発生

・上半身を右に回す(回旋する)と右腰に痛みが発生


カルテより

【触診】

・背中~右腰部の筋肉が硬化していて筋肉の柔軟性が失われている事により、衝撃吸収・分散作用が少ない

・右腰部にトリガーポイント(痛みの発生源)を確認

【施術】

・施術を腰、下半身中心に全身実施し、痛みの発生源を減少させ、腰痛を改善する

【術後】

・初回である今回の施術でT.M様の腰痛は大幅に軽減し、術後の動作テストでは前屈み・右回旋・左右側屈(体を左右に傾ける意)で発生していた痛みは気にならないレベルにまで軽減した。


コメント

3回目での施術でT.M様の腰痛はほぼ解消されました。慢性的に悩まされている腰痛から解放されたい気持ちが強く、現在T.O様は再発しない体作りを所望されていて、週に1度の頻度で当院へメンテナンス施術を受診されています。




「皆様の声」はこちらからご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です