症例:3週間ひかない腰・お尻の痛み

仕事柄、多忙で移動・会議・クライアントとの折衝が多く、多忙を極めている。3週間前にアロママッサージを受けてから右腰辺りに痛みが出始めた。痛みがひかず来院。なんとなく骨盤がずれている感じがする。

■ U様: 男性 51歳  職業:アナリスト   症例報告集に戻る 

問診検査

<問診>

3週間前にアロママッサージを受けてから右腰辺りに痛みが出始めた。週1、2回のマラソンも今は出来ず、座っていると腰からお尻にかけて痛むため、仕事も集中できず支障が出てきている。なんとなく骨盤がずれている感じがする。

仕事中はPCを頻繁に使用し、右手の手先のみを使っている事が殆ど。

腰痛は歩き始めに大きな痛みが発生し、歩き続けていると痛みは少し減少する。

<検診>

動作テストを実施 ⇒ 前屈み・上体反らしで腰部に大きな痛みが発生。骨盤に左右の大きなずれを確認。

 


カルテより

1回目

触診にて右腰部から右臀部にかけて、筋肉の硬結(硬直)が著しい。硬結に因るトリガーポイント(痛みの発生源)を確認。

TPT(トリガーポイント療法)にて右腰部・右臀部を中心に施術を実施した。

術後再び動作テストで痛みの大きかった前屈み・上体反らしを実施。 ⇒ 痛みが術前よりも軽減された事をU様が実感された。

 

2回目

1回目施術後より、どの位腰痛が改善されているかを測る為に、前屈み・上体反らしの動作テストを実施。 ⇒ 前回より痛みは減少。TPT療法が効果的であった事を確認。

さらに腰痛を軽減させる為にTPT療法とCMT(関節操作療法)を実施。

術後動作テストで腰の痛みはほぼ解消された事を確認。

 


コメント

現在、駅の周辺にはマッサージ、鍼、灸、アロママッサージなど多くあります。専門的なことになりますが、人それぞれそれ合った療法で行わないと逆に身体を痛めてしまうことがあります。ただ、からだを押すだけではなく、その押し方一つ取ってみても、その人本人に合っていなければ、痛めてしまうこともしばし見受けられます。Uさんは筋肉だけでなく、骨盤や恥骨のずれもあり、それが原因で痛みが引かなかったと思われます。今は大好きなマラソンも週1、2回で走られているようで、身体を壊さずに長く楽しむため、二週間に一回、お体のメンテナンスにご来院されてます。        担当  東



「皆様の声」はこちらからご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です