背中の痛み、ぎっくり背中

症状

  • 荷物を持ったら背中が急に痛みはじめた。
  • 長時間のデスクワーク、運転で背中が重くてつらい。
  • 首を上下に動かすと背中が痛む。
  • 物を取ろうとして手を伸ばしたら、痛くなった。
  • テニス、ゴルフなど腕を使うスポーツをしてる最中に背中に違和感が出てきた。

 

原因

背中の痛みも原因は大きく分けて、3つあります。
1. 内臓の疾患を原因とする痛み
2. 骨の異常による疾患に関する痛み
3. 疲労等による筋肉等の異常による痛み

1、2に関する疾患には、軽視できない疾患も含まれていますので、あなたの痛みの原因が何によるのかを正確に把握するために医師の診断を受けられることをお勧めします。

内臓の疾患については、胃、心臓、腎臓、すい臓といろんな部位の異常があり、その症状にも個体差があります。
骨の異常による疾患も変形性脊椎症など少なくない疾患が考えられます。決して軽視せず、しっかりと診断を受けることが大切です。

多くの方が感じていると思われるのが3になるでしょう。これは労働環境や長時間労働などに起因するものや、加齢にともなうものなど原因はさまざまでです。慢性疾患をもっておられる場合は、その影響もかんがえられます。食生活の改善、運動療法など改善のための方法は決して単純な1つの方法で改善というものでないこともすくなくありません。

当院ではこのような施術をします

1. 背骨の支える筋肉を中心に痛みを改善していきます

脊柱起立筋、僧帽筋、多裂筋といった、背筋痛の原因となる筋肉をトリガーポイントセラピーで改善させ、関節の機能不全を回復させます(CMT)筋肉、関節の血行及び、動きを回復させることで、つらい症状を取り除いていきます。

2. 姿勢を良くし再発防止の体操をアドバイスします

背中を支える筋肉は特に正しい姿勢が取れているかどうかで、筋肉の緊張度合が影響してきます。再発や予防のためにも正しい姿勢、まめに動かす、といったことが大切になるので、効果の高いエクササイズをご指導致します。

 

お勧めのコースはカイロプラクティックコースです。
「患者様の声」はこちらからご覧いただけます。

症例報告集はこちらになります。