足のむくみ

<症状>

  • ふくらはぎのだるさ
  • ふくらはぎの弾力性がなく、ぶよぶよしていない
  • 夕方になると靴がきつくなる

 

<原因>

1. むくみとは、静脈やリンパの流れが滞り、老廃物が管から漏れ出して細胞のすき間に溜まってしまう状態のことをいいます。通常、ふくらはぎの筋肉を使って静脈やリンパ管をポンプにように動かし、老廃物を上半身へと押し上げるものなのですが、筋肉が衰えてポンプ作用がうまく働かなくなると、体内の水分や老廃物が下半身に滞りやすくなり、むくみが生じてしまいます。

2. また脚のむくみには、冷えも大きく関係しています。日本人の女性約8割が悩んでいる症状だと言われています。自分の手を足の内くるぶしから3本分上の部分にあてた際に「冷たい」と感じたり、押した時に「痛い」と感じる場合は、脚が冷えている証拠です。このような冷え状態が続くと血流が悪くなるのと皮膚の下に水分がたまった状態になり、むくみが発生。そして、むくんだ状態は筋肉を硬くすることで循環が悪くなり、冷えを増長。さらには、筋肉が硬くなることで脂肪も燃焼しにくくなり、皮下脂肪も溜まりやすくなって、脚がどんどん太くなるといった悪循環を招くことになりかねません。冷えた脚はむくみだけでなく、筋肉を硬くすることで贅肉も付きやすくしてしまうのです!

3. 食習慣や生活習慣の乱れも脚のむくみには大敵。塩分や糖分、水分の過不足、また、不規則な生活で自律神経の調整機能が乱れることも、脚がむくみやすくなるといわれています。バランスのとれた食事、宵越しのむくみを残さないための質のよい睡眠、そしてストレスフリーな生活も、むくみ予防には重要です。

<当院ではこのような施術をします>

1. 足の状態を確認しむくみの原因を探ります。

足がむくんでいるかどうか、そしてその原因がどこから来ているのかを探っていきます。

2. 筋肉の緊張緩和、トリガーポイントセラピ―により痛みの除去をしていきます。

疲労が溜まり凝り固まった筋肉に対し、トリガーポイントにアプローチする事で痛みの軽減をはかり、むくみを改善させていきます。

3. 日常生活における注意点を指導していきます。

足のむくみを改善するために自分でできるストレッチなどを指導しむくみの起きにくい体を作っていきます。

 

お勧めのコースはカイロプラクティックコースです。
「患者様の声」はこちらからご覧いただけます。

症例報告集はこちらになります。