眼精疲労

症状

1. 目に強い不快感として現れる症状
  • 目に痛みがある・・・・目の奥が重苦しい、痛い、更には、ずきずきと痛む。
  • 目に乾きを感じる・・・近年最も増えている症状で、目が乾燥している感じがする。
  • 目が疲れ易い・・・・・目が直ぐに疲れ、辛くて長く物を見ておれない。
  • 目がかすむ、痒みがある、ショボショボする、ゴロゴロする、充血するなど。
  • まぶたが重だるい。
2. 目以外の身体に現れる症状
  • 頭痛や頭重感がする。
  • 肩こりや首のこり、首から肩・腕が痛む・だるい、背中に痛み、手指のしびれが起こる。
  • 吐き気やめまいが起こる。
  • 胃がもたれる。胃が痛い。食欲不振になる。

 

原因

1. 目の使い過ぎ

私たちの目には、眼球の位置を調整する外眼筋と目のレンズである水晶体の厚さを調節する毛様体筋などがあります。長時間集中して物を見ていると、これらの筋肉に疲労が蓄積して、眼精疲労が起こるのです。目がオーバーワークとなり、目の筋肉が悲鳴を上げていると考えればよろしいでしょう。原因が「目の使い過ぎ」にある場合、手軽に自分で出来る対策をご紹介しましょう。

2. 目の屈折異常

強度の近視や乱視,斜視など目の屈折異常や目に合わないメガネ、不適切なコンタクトレンズの使用などによって、目に大きな負担がかかり眼精疲労が起こります。

3. 目の病気

ドライアイ、結膜炎、ものもらい(麦粒腫)、白内障、緑内障など目の病気が負担となって眼精疲労が起こります。ここで特に注意を要する病気は、失明することのある緑内障ですが、眼精疲労が唯一の自覚症状です。また、ドライアイはパソコンやスマートフォン、タブレット型の携帯端末の使用頻度の増加とともに増え、今や目の生活習慣病とも言われ眼精疲労の主要な原因の一つとなっています。画像情報端末(VDT)は、眼精疲労と深く関わっています。VDT症候群はVDTを長時間使う人に現れる特有の症状で、別名「テクノストレス眼症」とも呼ばれています。

当院ではこのような施術をします

1. 目の周りの血行を良くして目の筋肉のこりをほぐします。

目の周りの筋肉を緩め、血行を良くしていく筋肉調整をしていきます。
こめかみや首の疲労も同時に進行していることが多い為、同時に改善していきます。

2. ご自宅でのアドバイス

目をしっかり休めることが最上の特効薬です。
1)パソコンやスマートフォンなどは、アラームを利用し1時間毎に10分は休みます。
2)蒸しタオルで目を温めたり、冷やしタオルで目を冷やします。
3)夜更かしはせず、睡眠環境(枕、カーテンなど)を整え十分睡眠を取って下さい。

 

お勧めのコースはカイロプラクティックコースです。
「患者様の声」はこちらからご覧いただけます。

症例報告はこちらになります。