足がつる

<症状>

スポーツをしている時や、立ちっぱなしの仕事中、あるいは夜眠っている時に、突然、足の筋肉が急激に収縮して、激しい痛みにおそわれることで、【こむら返り】といわれる症状です。
ふくらはぎで起こることが多いですが、足首や太もも、土踏まずなど、いろいろな筋肉で起こることがあります。
高齢化とともに起こりやすくなり、また男性よりも女性のほうが起こりやすいという特長があります。

<原因>

足がつる【こむら返り】はスポーツをしている時や立ち仕事の最中など日常生活の中で起きるものと大きく2つにわけることができます。

どちらも症状に違いはありませんが、日常生活中に起こるものは、運動不足や冷え、血行不良などが原因と考えられます。

寝ているときに足がつる原因は何か。
寝ているときは足が伸び切っている状態にありますが、足がつるときはまさに足が伸び切った状態の時に起きます。
通常は寝返りをうったりすることで足が伸び切っている状態が解消されるのですが、何らかの原因でそれが狂ったときに足がつってしまいます。

<当院ではこのような施術をします>

1. 足の筋肉にアプローチして足の筋肉を緩めていきます。

むくみは血行不良や疲れからも起こるので、足の筋肉のトリガーポイントにアプローチすることで、足の疲れや血行不良を改善していきます。

2. 日常生活における注意を指導していきます。

むくみの原因である、疲労や冷えを避けるために日常生活における注意点や自分でできるストレッチなどを指導していきます。

 

お勧めのコースはカイロプラクティックコースです。
「患者様の声」はこちらからご覧いただけます。

症例報告集はこちらになります。