坐骨神経痛

<症状>

片側の臀部からくるぶしにかけて痛みや下肢のしびれが出る。
痛み、しびれに伴い歩行障害などが起こる。

<原因>

椎間板ヘルニアによるものや脊椎の腫瘍変形などによって神経が刺激や圧迫を受けて起こることもある。
糖尿病などが原因で起こることもある。

<当院ではこのような施術をします>

1. まず腰の動きをチェックして、腰の痛みの原因がどこにあるのか探っていきます。

痛みの度合い、しびれの有無などをチェックしていきます。

2. 筋肉の緊張緩和、トリガーポイントセラピ―により痛みの除去をしていきます。

疲労が溜まり凝り固まった筋肉に対し、トリガーポイントにアプローチする事で痛みの軽減をはかり除去していきます。

3. 凝り固まった筋肉により動きの悪くなった関節に動きをつけていきます。

筋肉が固まるとそれに引っ張られて関節の動きも悪くなっていきます。
そのため関節に動きをつけて、関節本来の機能を回復していきます。

 

お勧めのコースはカイロプラクティックコースです。
「患者様の声」はこちらからご覧いただけます。

症例報告集はこちらになります。