腰椎ヘルニア

<症状>

腰や下肢に痛みが出る。急性型と慢性型とある。

  • 急性型は突然激しい腰痛が起こる。
  • 慢性型は鈍い腰痛や下肢のしびれが起こる。
  • 3か月ほどで自然消滅する。

 

<原因>

骨の間にある椎間板という線維軟骨が退行変性を起こすことで発生する。
その原因としてストレス、不安、仕事、スポーツなどがあげられる。
20代、30代、40代、10代、50~60代の順でなりやすく男性に多い。

<当院ではこのような施術をします>

1. ヘルニアのテストを行います。

その腰の痛みがヘルニアによって起こっているのかをテストをしてヘルニアが陽性か陰性かをチェックしていきます。

2. 腰の周りの筋肉にアプローチをしていく。

腰の痛みにより腰だけでなく、その周りの筋肉も負担がかかっているので腰の周りの筋肉を調整する事によって体のバランスを整えていきます。

3. 日常生活おける注意点を教えしていきます。

 

お勧めのコースはカイロプラクティックコースです。
「患者様の声」はこちらからご覧いただけます。

症例報告集はこちらになります。