自律神経失調症

自律神経失調症とは、“ストレスなど自律神経の乱れ”により、身体的、精神的に
現れるさまざまな不調のことをいいます。
病院の検査などで自覚症状があっても、「特に異常ありません、少し様子をみましょう」と診断されるケースが多いのも自律神経失調症の特徴です。

 

症状

  • 頭痛やめまい肩コリ
  • よく眠れない(不眠症など)
  • 胃が重い
  • 手足のしびれやほてり
  • 心臓がドキドキする

など、その他不定の訴えがあるにも関わらず、病気や異常が認められない不定愁訴。

 

原因

心体に受ける”ストレス”などで自律神経が乱れることが主な原因です。

自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っており、日中活動したり、考えたり活発に活動する神経が交感神経で、夜寝たり、リラックスしている時の神経が副交感神経になります。

健康な状態だとこの二つの神経が交互に優位になりバランスを取っています。
これがプレッシャー、責任、人間関係、といった精神的なストレスだけでなく、通勤、長時間の仕事、不規則な食生活、食品添加物、睡眠不足、などにより
交感神経が優位にたつ状態が続くと、自律神経のバランスが崩れ発症します。

 

当院ではこのような施術をします

まず心身をリラックスさせることが大切です。
交感神経が過敏になっていると筋肉は緊張し硬くなるため、しっかり緩めていきます。
自律神経を司る視床下部の間脳の働きを活性化させ、また副交感神経の働きを正常に戻し、心身を安静な状態に導くことで自律神経失調症の症状は改善されます。

 

お勧めのコースはカイロプラクティックコースです。
「患者様の声」はこちらからご覧いただけます。

症例報告集はこちらになります。