症例:便秘、花粉症、子供姿勢矯正

一週間に2度しか便が出ない、幼稚園から花粉症が酷く外で遊ぶのが辛い

■ K.A様: 女性 10歳  職業:小学生   症例報告集に戻る 

問診検査

<問診>
年々便秘がひどくなってきた。今は週に2度くらいのお通じでお腹が張る。ひどい時は週に一度の時もある。ランドセルを背負う様になってから姿勢も悪く、普段も猫背が癖になっている。花粉症は幼稚園から発症し、鼻水と目のかゆみがひどい。

<検査>
腹部の触診、右の直腸よりも左直腸が固く便のつまりを確認。姿勢は骨盤の前傾(反り腰)が強く、胸椎からは首が前に出ているスラウチ姿勢(猫背)が強い状態。左の肩甲骨が右よりも下に下がっており、若干側弯の状態。成長期のため、早期の調整が望ましい。

便秘


カルテより

<初回>
骨盤が右に上がっているため左側弯になり、左肩甲骨と左肩が下がっているため、骨盤矯正⇒側弯症調整⇒猫背矯正を行う。施術後は骨盤、肩甲骨、左肩、猫背などかなり完璧に近い感じで整う。小学生だと身体の順応性が高く、身体は調整しやすい。

 便秘の調整及び花粉症、アレルギーの調整をおこなう。 

エクササイズとして、正しい姿勢を取る為の体操を指導する。

<二回目>
2日後来院。骨盤、肩甲骨、側弯、猫背と全て整っている。経過はかなり良好な状態。便が前回の施術後すぐに出たと驚きの声をいただく。
お母様が特に驚いていたのが印象的でしたが、姿勢が見違えて良くなっていることが嬉しいとのこと。

本日は更に身体に正しい姿勢の情報を覚え込ませるため、骨盤、側弯、猫背、の矯正を行う。便秘、花粉症の調整も続けて行い、腸の動きをさらに良くしていく。花粉症はかなり重いので、今のところ鼻は通りやすくなったが、目に見えての効果はない様子。

 

<三回目> 姿勢、骨盤共に整っている。便秘も今のとこと二日に1回の割合で出ている。花粉症はまだ症状がある。引き続き花粉症の調整をおこなう。


コメント

便秘にも様々な原因があります。病気によるもの、食物繊維不足によるもの、運動不足によるものなど様々です。Kちゃんのケースは空手、ダンス、など体は普通の子たちよりも動かしており、食物繊維不足による腸の動きが鈍くなっていたことが考えられます。また、猫背の姿勢が普段から習慣になっていると、内臓器が圧迫され、胃腸や血管などの動きを阻害してしまい、様々な不定愁訴の原因になります。姿勢などは成長期に何もしないでおくと、側弯症などの原因となりますので、特に早い段階で矯正されることをおススメ致します。  東



「患者様の声」はこちらからご覧いただけます。

コメントを残す